【中学生・高校生必見!】英検勉強方法 英検2級保持者が解説します!

英語

こんにちはこうじだよ^^

今日もこうじブログを読んでくれてありがとう!

このブログでは、勉強嫌いな僕が工業高校から国立大学の経済学部に合格した経験をもとにみなさんに有力な情報をお届けできたらいいなって思ってます☺

さてこの記事では、英検2級保持者の僕が実際に取り組んでいた英検の勉強方法を紹介したいと思います!

英検は高校・大学の推薦入試で非常に有効な武器になってくるものです。

社会に出る際はどちらかというとTOEICの方が主流ですが、中高生の皆さんにはぜひ英検を取得してほしいです。

英検合格したいですよね??

そんなあなたに、英検二級保持者の僕が実際に行っていた勉強方法を詳しく紹介していきたいと思います。

こうじくん
こうじくん

英検って意外と簡単なの?!

この記事では英検”合格”を目標として解説していきます!

英検の特徴・おすすめする理由

英検は実用英語技能検定の略称であり、公益財団法人日本英語検定協会 が実施している英語技能を測定する検定です。

英検は一年の中で計3回実施されているもので、級は1~5級までがあります。(準2、準1級あり)

また、3級からはリーディング、リスニング、ライティングに加えてスピーキング(面接)の試験が追加されます。

英検の特徴として、

・出題範囲が決まっており、自分の実力にあった級を受験できる。
(同じく英語の検定であるTOEICは級というものが存在しません。)

・特に高校受験、大学受験に役に立つ。(推薦入試です)

・3級からはスピーキングのテストがある。
(グローバル化社会において英語を喋る力は非常に大切です。)

・ほとんどの人が聞いたことがあり、資格欄に書いてあるとある程度評価される。

などがあげられます。

特にスピーキングの試験があるという点が大きいと思います。

 

そんな英検ですが、私はこの英検を特に、中学生・高校生におすすめしています。

私が英検を中学生・高校生におすすめする理由が2つあります。

1つ目は

学校で習った範囲が出題範囲の級を狙って受験できる。

2つ目は

高校入試、大学入試にとても有利である。

この2つが主な理由です。

まず学校で習った範囲をもとに自分の受ける級を選択することができるので、合格に大きく近づきます。

(TOEICのように幅広い範囲から出題されるものはなかなか難しいです。)

次に入試で使えるということですが、ここでの入試とは主に推薦入試がメインになってきます。

高校の推薦入試では英検3級から準2級がメジャーで、大学入試では2級、準1級が多くなってきます。

英検を持っているだけで、書類の点数が上がりますし、筆記試験があってもそのレベルの英語力が身についているので普通に解くことができます。

それらの点で英検は非常におすすめです。

難易度も特別難しいわけじゃないのでしっかりと勉強をすれば合格することができますよ!

こうじくん
こうじくん

じゃあ具体的にどんな感じで勉強していたかを紹介していくね!!

僕も実際やっていた!英検のおすすめ勉強方法 

突然ですが皆さん、英検の勉強ってどうやって取り組んでいますか?

文法書を読み込み単語帳もしっかりとやり、そしてさらにリスニングの問題を片っ端からやっていますか?

実際のところそんな量の勉強は必要ありません!っていうと語弊があるんですが、、

具体的に言えば、英検2級までなら中学レベルの文法、英検準1級なら高校レベルの文法がわかっていればそんな莫大な量の勉強は必要ありません。

逆に言えば文法をすればするほど、言い方は悪いですが余計な知識(英検を合格するには)が増えて、ほかの大事な知識が頭に入ってこなくなります

注意点!

しかも、文法の勉強はノートに書いて覚える人が多く、勉強をした気になってしまう人が多いので要注意です。もちろん勉強にはなっていますが、効率よく英検を合格するためには最適な勉強方法とは言えません。

文法というのはある程度限りがあって、ある所まで行くとそんな新しい文法は出てこなくなり、自分が知っているものの応用のようなものになっていきます。実際に使うものもそんなに多くないです。

この記事ではあくまでも英検の合格にフォーカスを当てて解説していくので、

英語を詳しく勉強したい人はこの記事を読んでみてください!↓

英語が得意になりたい人必見!英語がわかる、得意になる方法

ここまで引っ張ってしまいましたが、ここからは私がおすすめする英検の勉強方法について解説していきたいと思います!

英検合格の鍵は単語

英検は合格するだけなら先ほど言った文法のレベルとある程度の単語力で合格できます。

私は英検2級までしか取得していませんが、ここまでの経験だとやっぱどの級も単語が大事です。

2級を受験するってなったときに単語の難しさにびっくりしてました(笑)

2級は単語が段違いで難しい!一気にレベルアップ!!!!

こうじくん
こうじくん

実は僕英検準2級落ちてます。しかしながら、単語をメインとして勉強するようになってから高校二年生の時に英検2級を受けて合格することができました!

勉強法を変えると飛び級もできちゃうんです。3級は中学の時に取りました!

リーディングにしてもリスニングにしてもライティングにしても単語力がとっても大事です。

特に最初の20問は単語、熟語、単語の変形の問題が中心です。

 

英検で難しいといわれているのは一次試験であり、二次試験は比較的簡単です。

僕がやっていた単語の勉強方法は「繰り返し法」です。

繰り返し法っていうのはその名の通り何度も何度も単語帳を読め!ってことです。

記憶というのは覚えて忘れて覚えて忘れての繰り返しなので、何度も単語帳を読むことが必要です。

忘却曲線って聞いたことありますか?上の説明を図示したものです。

この図の通り、覚えて忘れて覚えて…を繰り返して記憶ができていますね。

どんどん忘れる幅が小さくなっていって自分の単語力になるわけです。

あと、繰り返し学習をやるうえで次のことを意識してみてください!

・そんなに長い時間やらない(短くていいから何回もやること)
・勉強だと思ってやらない(寝転がってでいいから楽な気持ちでね)
・単語を忘れないためにとにかくたくさんやること(短時間OK!)

こんな感じのことを意識してやってほしいんだけど、僕が一番大事にしてたのは休憩感覚やることかな。

勉強ってやっぱり疲れるから、ずっと100%で勉強するんじゃなくて、ちょっと気を抜きながらやることも大事なんだよ。

こうじくん
こうじくん

単語を7割くらい覚えてきたら、過去問予想問題集を解いていこうね。

単語が大切言ってもやっぱり本番の形式に慣れておくことは必要だね^^

おすすめ英単語帳はやっぱりでる準パス単です。↓画像をクリックで購入画面へ!!

二次試験の突破方法

二次試験の突破方法は自信をもって言えます!!

二次試験の突破方法それは、、、

コミュニケーション第一!

これに限りますね。

二次試験の面接でみられていることって、いかに質問に答えようとしているかという態度です。

もちろん完璧に答えられればいいですが、やっぱりわからない問題がでてくるものです。

そこで、「この人は質問の完璧な答えは言えてないけど、この人なりにこの質問に対して答えようとしていてキーワードも言えている」と判断されればもらえる点数は高くなります。(態度で示そうよ

喋ろうとしている態度・意欲が見られているんです。

このほかの勉強方法としては、書店に売っている英検の本を買って本番と同じように面接練習をするといいと思います。

お友達とか先生に頼んでやってみるといいですね^^

さいごに

今回の記事はいかがでしたか?

みなさんが英検に合格することを心から願っています!

もしこの記事に関してわからないことがあればコメントお願いします!

SNSもやっておりますのでそちらのDMでも質問受け付けております!!次回の記事もお楽しみに^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました