【メルカリ物販】商品の値切りを交渉されたときの対応方法!

メルカリ

こんにちはこうじだよ^^

今日もこうじブログを読んでくれてありがとう!

このブログでは、勉強嫌いな僕が工業高校から国立大学の経済学部に合格した経験をもとにみなさんに有力な情報をお届けできたらいいなって思ってます☺

さてこの記事では、「メルカリ物販 値切り交渉をされたときの対応方法」について解説していきたいと思います。

メルカリ物販をやっていて「値切り交渉可」という表記をしていると値切り交渉をしてくる人がいると思います。

そんな時にあなたは正しい方法で対応できていますか?

無駄に値段を下げていませんか?

希望金額よりも販売価格が下回っていませんか?

今回の記事ではそんなことにならないようにするため値切り交渉」をされたときの対応方法について解説していきたいと思います。

 

値切り交渉可にするメリット

考えてみてください、そもそも「値下げ交渉可」にするメリットって何でしょうか。

それは、

商品を売る(が売れる)幅が広がる

からです。

どういうことかというと、値下げ交渉を不可にして決まった値段で販売するよりも基準の値段が決まっていて、その値段よりも安く変える可能性がある値下げ交渉可の方がお客様は商品を購入しやすくなります。

例えば自分が欲しいものがあるとして、同じものが同じ値段で出品されていたとします。

しかし、一つは値下げ交渉不可でもう一つは値下げ交渉可です。

これだったらもちろん値下げ交渉可の方の商品の購入を考えますよね?

値下げ交渉を可能にすることで物が売れる幅が広がる!

値切り交渉可で出品するときの価格設定

値切り交渉を可能にするときの価格設定について少しだけ説明しておきます。

値切り交渉を可能にするということは、値切りが成立した場合は最初に設定した価格よりも安くなってしまうんですよ。

必然的に利益が減るわけですが、皆さんならどのように値段設定をしますか?

単純な考えですが僕なら最初に設定する価格を少し高めに設定しておきますね。

そんなのありかよって思われるかもしれませんが、このようにしている方はたくさんいいますよ。

一つ注意点として高く設定しすぎないことです。

高くしすぎるとそもそも値切り交渉しても結局割高になってしまうことがありますからね。

目安としては、値切りの上限額を決めてその額全額引いて相場と同じくらいになるように最初の値段を設定いましょう。

たくさん販売されているものなら相場がどれくらいかわかりやすいですが、相場がわからない場合は売れそうな値段で好きなように価格設定すればいいですよ。

注意点!

値段設定は高すぎず安すぎずないようにしましょう。高すぎると売れませんし、安すぎると売れても利益が出せん!

値切り交渉をされたときの対応方法

さていよいよ本題です。ここでは値切り交渉をされたときの対応方法を解説していきます!

値下げ交渉の中で気を付けることがいくつかあるのでまずはそこから紹介していきたいと思います。

①自分の値切り上限額より高く交渉されたとき

先ほども少しお話ししましたが値切り交渉可にする場合は、最初の価格設定の時に大体どれくらいなら値切られても大丈夫かという上限の値段を決めておきます。

そして、実際に値切りを交渉された際には断るか値切り額を少なくするように提示します。

このときに注意するべきことは、お客様からの熱い値切り交渉があったとしてもその圧に押されて、値段を予想以上に下げてしまわないようにすることです。

お願いします!お願いします!と何度頼まれてもそこはしっかりと断れるようにしておいてください。

こうじくん
こうじくん

そんな意味で自分をしっかり持っておかないとだめだよ!

②値切りの交渉方法は先に記載しておく

値切り交渉可で商品を出品するときには必ず交渉の方法を記載しておくようにしましょう。
交渉方法とは、どこで値切り交渉をするのか、値切りの交渉単位はいくらかなどを明記しておきましょう。
例えば値切り交渉をする場所はコメント欄値切り交渉の単位は100円単位で受け付けます。
みたいな感じで交渉の方法(ルール)を書いておきます。
特に2つ目の交渉の単位ですが、二人以上の値切り希望者がいた場合購入価格が高いほうに買ってもらうことになります。
このときに、もし1円単位で値切りバトルが始まったらどうなりますか(笑)
一生終わらなくないですか?
そのためにしっかりと交渉の単位を決めておきましょう。

 

③値切りの希望者が2人いたとき

この部分の対策をしていないともしこのようにな状況になったときにトラブルが起こりかねません。

値切り希望者が2人以上いる」このような場合にどちらに買ってもらうかが大事になってきます。

もちろん高く買ってくれる人に売りたいですよね。

その旨の説明を書いておかないとこのような状況になったときに、いったいどっちが購入できるのか?みたいなトラブルになりかねません。

例えばこんな感じで記載しておくといいでしょう。

値切り希望者が2人以上いた場合は購入価格が一番高い人購入することができます。
みたいな感じですね。
こうじくん
こうじくん

値切り交渉ってされることあると思うけど、しっかりとした対応ができないとだめだね!

さいごに

今回の記事はいかがでしたか?

値切り交渉を可能にすることで販売の幅が広がると同時に、販売者側も値切り交渉の対応方法を知っておく必要がありますね!

もしこの記事に関してわからないことがあればコメントお願いします!

SNSもやっておりますのでそちらのDMでも質問受け付けております!!次回の記事もお楽しみに^^

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました